その文章だと相手は読んでいないかも?!~情報発信するときのちょっとしたコツ~

こんにちは♪

やすくんです。

 

今回は、

情報発信をするときにちょっと意識するだけで

すごく効果のあることをお話していこうと思います!

 

以前、情報発信について記事を書きましたが、

もう読んでみましたか?→こちらです。

 

その時は、情報発信の本質について書きました。

 

情報発信と聞くと、

「自分なんて人に話すほど凄くないから出来ないです。」

と思ってしまう人がほとんどですが、

そもそも情報発信って

相手が必要としている情報を提供できれば、

とても有益な情報発信をしていることになりますからね。

 

極端な例になりますが、

足し算のやり方だって

読み手によっては超価値のある情報発信ですよね。

 

足し算のやり方で苦戦している子供に分かりやすく教えたら

それだけで有料級の情報発信ですよ!

 

重要な事は、

その情報発信の内容の価値は、

「書き手が決めるんじゃなくて、読み手が決めることです」

 

だから、

もし、あなたがネットビジネスに興味を持って、

その中でもアフィリエイトをやってみたいと思ったのなら、

自分は凄くないから無理!とか言ってないで

とにかくどんな媒体を使ってもいいから情報発信してみる。

この「最初の一歩を踏み出す」という行動を起こすことが何よりも大切です。

 

前回の簡単なおさらいはここまでにして

今回の「情報発信をするときにちょっと意識するだけで

ものすごい効果のあること」について

さっそくお話していこうと思います!

 

情報発信をする際に、

まず気をつけるべきことは何だと思いますか?

 

それは、

「相手がいることを意識する」

ということです。

 

・・・・・

 

「それって、当たり前でしょ!」

「そんなの知ってるよ!」

とおそらく思ったかもしれません。

 

 

でも、これって当たり前だけど、すごく重要な事なんです。

多くの人は文章を書き始めると、

段々とアイディアが浮かんで筆が進み始めるんですね。

 

学校で作文を書いていた時に、

書くまではなかなかやる気が起きなかったけど、

書き始めると色々書きたいことが出てきて

思ってたよりもたくさん書けたなんてことありますよね?

 

こういう時って

「相手を意識して書いてないですよね?」

 

自分の世界に入って書いているので、

こういった文章は時間が経ってから読み返してみると

何だかわかりにくい文章になっていることが多いですよね。

 

会ったこともない、よく分からない人が書いた

分かりにくい文章を最期まで読んでくれるほど

いい人はいませんよ。

いるとすれば、

自分の事をよく知っている友人や自分の両親だけですね。

 

 

ではどうすれば良いのか。

ここで意識すると効果的なポイントが3つあります。

 

まず1つめ、

文章を書く際は、

「自分の隣に質問好きな人がいる」とイメージしてみてください。

これはかなり効果的ですよ。

 

例えば、

「今日は朝6時に起きました。」

これだと話に広がりがないし、全然伝わらないですよね。

読んでもつまらないし。

 

そこで、いろいろ質問攻めをしてくる相手を自分の隣にイメージするんです。

すると、

「どうして朝6時に起きたの?」

「いつもは何時に起きてるの?」

「起きて何してたの?」

・・・

これだけでも色々と質問が出てきますよね。

こういった内容を加えると相手に伝わりやすい文章になりますね。

 

2つめは、

「自分の感情を加える」ことです。

文章に感情の起伏がないと、

記録のような文章になってしまいますよね。

 

うん、実につまらない^^;

 

読んでいて面白みを感じませんよね。

学術書を面白いと感じて読みますか?

学校の課題や仕事の調べ物があるから

仕方なく読むことがほとんどですよね。

 

この感情の起伏がないと

読み手は文章に集中してくれることはありません。

 

3つめは、

「不特定多数ではなく、一人の人に対して文章を書く」

これをするかしないかで相手の態度が変わってきます。

 

誰かと話している時もそうですが、

授業のように不特定多数の人を相手にしている場合、

自分に対して言われているような感覚にはなりませんよね。

 

人は自分に対して言われてないと思うと、

集中力は急激に落ちます。

この感覚って経験したことありますよね?

 

不特定多数に向けた授業よりも、

「塾の個別授業を受けるとき」

だったり、

「友達から勉強を教わるとき」

のほうが理解しますよね。

 

この3つのポイントを意識するだけでも

読み手にとって読みやすい文章になりますよ。

 

最期にまとめますね。

・いざ文章を書こうと思った時は、「相手がいることを意識する」

・「相手がいることを意識するときのポイントは3つ」

・「自分の隣に質問好きな人がいる」とイメージする。

・「自分の感情」を文章に入れる。

・「一人の人に対して」文章を書く。

 

是非意識してみてください。

最期までお読みいただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いします。

ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

ネットビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ


Warning: array_filter() expects parameter 1 to be array, null given in /home/com-miura85/com-miura77.com/public_html/wp-content/plugins/responsive-full-width-background-slider/inc/rfwbsFrontClass.php on line 24