インターネットを利用した物販について

こんにちは♪

やすくんです。

 

今回は、インターネットを利用した物販についての簡単な説明と

実際に取り組んでいてどのような結果が出ているのかについて

お話していきたいと思います。

 

インターネットを利用した物販について

ネットの普及が商売を手軽で身近なものへと変えた

 

物販画像3

最近では、ネットで商品を購入するということが一般的になってきましたね。

そして多くの販売サイトが現れてきました。

上にあるロゴは皆さん一度は見たことありますね?

 

数年前は、

『本当に商品届くの?』

『詐欺なんじゃないか』

『クレジットカード決済なんてしたら危ない』

このように思っていた人が多かったですよね。

私も学生の時にアマゾンで本やゲームソフトを頼もうとして

母親に止められたこともありましたww

 

今では、家電量販店で商品の下見をして

それからネットで商品を注文するようなことが一般的になりました。

小売店にしてみればたまったものじゃないですよね。

でも仕方がない、ネットのほうが安いのは事実だし・・・。

 

さらに今では、商品を購入するだけではなくて、

個人が商品を販売するケースも多くなりました。

自分でネットショップを運営したり、

いらないものを販売したり、

価格差を狙って国内転売したり、

さらには海外との価格差を狙って輸入・輸出転売したり、

収益もお小遣いレベルから本業を上回り、独立してしまうレベルまで様々です。

 

このようにネットで商品をやり取りできるインフラが整ったことで、

個人でも今までよりも遥かに気軽にお金を稼ぐことが出来るようになりました。

 

一昔前であれば、

お店を出店して、集客して、倉庫を借りて、人を雇って・・・

などと非常に資金も必要だし、手間もかかるしで個人でできるレベルではありませんでした。

それがネットでの商品販売が出来るようになり、ほぼすべて解決されましたよね。

集客はやってくれるし、商品も預かってくれて倉庫もいらないし、配送もやってくれたり・・・

これは非常に凄いことですね!

 

そして、物販は再現性が高いことも稼ぎやすいポイントですね。

商品を取り扱うビジネスというのは非常にシンプルな仕組みになっています。

簡単に言ってしまえば、仕入れ値よりも高く商品を売れば成り立ちます。

 

それでは私が取り組んでいる物販について

簡単にですが紹介していきます。

 

インターネットを利用した物販のやり方

取り組む上で抑えるべきポイント

物販は基本的に安く商品を仕入れてしまえば、

あとは売れるのを待つだけですね。

そこで一つ不安に思う点としては、

『本当に売れるの?』

『売れなかったらどうするの?』

というところですね。

これが分かれば誰も苦労しません(汗)

ある程度は分かります。

人気のある商品はそれだけ沢山取引されますね。

流通量が多ければ、それだけ回転率が高いので、

すぐにではなくても売れていきます。

また、季節に関係ないもののほうが売れやすいですね。

このように経済の原則が分かれば下手な間違いは起こりにくいです。

経済の原則に則れば、希少価値の高いものは価格差が出来やすいです。

そして需要と供給のバランスがある程度調整されるまでは値崩れは起こりにくいですね。

さらに販売期間を出来るだけ長くすることができれば揺れやすくなりますね。

 

あとは、

ネットで一番取り扱われる価格帯の商品を扱うこと、

使用頻度の高いものを扱うこともポイントになってきます。

 

これも考えて見ればわかると思います。

実店舗とネットでの買い物の大きな違いとなるのは、

その場で実際の商品を確認し、商品を持ち帰ることが出来ないということですね。

そうなると、本当に手元に送られてくるのかという不安が生じます。

一昔前よりはこの不安自体は薄れていますが、やはり完全になくなることは無いですよね。

したがって、価格帯もある程度低いものが取引されやすくなります。

やはり、一つの商品の価格も1万円以内が多くなります。

商品も身につける物のほうが売れやすいですね。

これも接触頻度が高いもののほうが買われやすいからですね。

身に付けなくても、定期的に使うものです。

例えば、キッチン用品なども該当します。

 

ネットの普及によって身近なものになり、商売としても取り組みやすくなった物販ですが、

あくまでもビジネスはビジネスです。

購入者の購買活動をよく考えた行動が必要になります。

最期に一つ最も重要な考え方があります。

 

物販を取り組む上で最も重要な考え方

最重要な考え方。

それは、

『お客さんに原価がわかりにくい商品を扱う』

ということです。

 

これは、業界で考えると分かりやすいですね。

例えば、

アクセサリーは高いものでは数千万円しますよね。

数万円でも比較的安いと感じてしまいます。

しかし、原価で考えれば数百円程度しかかかっていません。

しかし、実際の原価については明確には分かりませんし、

世間的には、『アクセサリーは値段が高い』と認識されています。

だから利益率を高くできます。

 

一方、飲食業界はどうでしょうか。

原価がほぼバレてますね。

特に主婦の方は毎日買い物してるし、少しでも安く買おうと値段にはシビアです(汗)

そのため、料理名から原価が推測できるし、そこから販売価格が妥当かどうか分かります。

なので、お店も利益を乗せにくいです。

 

このことから、原価が分かりにくい、あるいはある程度値段がするものと

思われている商品を扱うことがポイントです。

 

そのようなことを考えて、

私自身は、小物をメインに扱っています。

『腕時計』などですね。

 

どこから仕入れるのか?

 

仕入れもネットで行います。

こちらは卸売りサイトの『NETSEA』というサイトです。

このようなサイトで仕入れます。

NETSEA画像4

結構安いですよ♪

だいたい定価4000円近い商品が800~900円で仕入れられます。

送料は別途かかりますが安いですね。

 

そして仕入れて売るのではなく、

売れてから仕入れていました。

リスクゼロですね!

こちらは購入履歴の一部です。

↓ ↓ ↓

NETSEA 購入履歴

NETSEA画像2

NETSEA画像3

このように商品の注文がされてから卸売サイトで仕入れます。

 

販売サイトとしては

『ヤフオク!』、『楽天』、『アマゾン』

を利用します。

 

ヤフオク画像  アマゾン 楽天 画像

 

販売プラットフォームはいくつあってもいいです。

多ければ多いほど、人目につきやすくなるので、

売れる可能性が高くなります。

プラットフォームが増えると、やはり管理が難しくなりまね。

操作するのもPCがメインとなるので、

PCを操作できる時間を設けないと難しいですね。

忙しい人は継続して取り組むのはちょっと難しいかもしれませんね。


スポンサードリンク



更に物販をお手軽にやる方法はあるのか?

スマホで完結させるお手軽な方法

 

『メルカリ』

メルカリ画像

CMを見かけたことある方も多いかもしれませんね。

最近人気が出ているフリマアプリです。

 

アプリのダウンロード数が1000万人を超えて一躍有名になりました。

メルカリ画像2

 

メルカリは、スマホ専用のプラットフォームになっていて、

コンセプトは、要らなくなった商品をお手頃価格で手に入れようというものです。

インターネット上のフリーマーケットですね。

既存のオークションサイトなどに比べて操作が簡単なので、

気軽に出品出来るということもありユーザーが右肩上がりで増えました。

 

メルカリのユーザーは若年層が多いです。

実際の商品も低価格帯の商品が多いように感じます。

出品作業は簡単ですが、利用できるのがスマホだけということもあり、

一度に大量に出品ができません。

なので、業者も多くないですね。

 

実際に出品してみると、

すぐにレスポンスがあります。

最初に出品した商品は出品後2時間で売れました。

ユーザー数が多いと凄いですね。すぐに売れます。

オークションサイトの『ヤフオク』などと比べても

メルカリのほうが売れやすい印象があります。

 

試しに約8万円分の商品を仕入れて出品してみました。

特に売れても追加で仕入れずに様子を見ていました。

↓ ↓ ↓

2015-12-18 15.11.21

これはホーム画面です。

スクリーンショットしてみました。

顔のマークは評価を表しています。

左から、良い、普通、悪いとなっています。

 

2015-12-18 15.10.47    2015-12-18 15.10.59

こちらは実際に売れた商品です。

同じ商品を多数出品してみても順調に売れました。

 

2015-12-18 15.13.09    2015-12-18 15.13.03

約7万円ほどで仕入れた商品全て売りきりました。

総額で8万円は超えていますので、利益率は10~12%ほどでした。

 

メルカリの印象としては、ユーザー数が多いことで反応は出やすいです。

ただ、あまり高い値段はつけにくい印象です。

メルカリが値下げ交渉を奨励していますので値崩れもしやすいと思います。

仕入れ値をかなり易く抑えられなければあまり利益は取れないでしょう。

利用方法としては、メインで利用するのはアマゾンとして、

売れ残りしそうな商品をメルカリで販売し、商品の回転率を上げるのが

良いのかなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

PS

ヤフオクなどのオークションよりも簡単なフリマアプリの『メルカリ』は

こちらから登録できます。

登録時にこちらのコード『 VSDEGT 』を入れると、

300円分のポイントがもらえるので是非入力してみてください♪

ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

ネットビジネス ブログランキングへ


スポンサードリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ